« スマホ用三脚アダプター | トップページ | TM Violin Lesson210 »

2018年3月24日 (土)

またもトートバッグ工房

前にトートバッグを大量生産したんですけど。(この記事
お気に入りのマリメッコ生地で作ったトートバッグです。

いつも何処かにお出かけするときは、一眼レフのカメラをこのトートバッグに無造作に入れて持ち歩いてます。カメラ持ち歩かない日は、左の2個。
カメラを入れようとすると黄色の右側のやつ。黄色の生地だけ少し大きめに取れたので、大きめのトートが完成したんです。

Img_3526

これらも、15年に作成したようで、めっちゃ愛用してます。
あと、マッキントッシュのトートバッグをバイオリン用に使用してますが、それもかれこれ5年?もっとかな?汚れて洗ってボロボロ。洗ったので、形もふにゃふにゃ(笑)

そんな訳で、帆布のトートバッグが欲しいなぁと思いまして作ることになりました。

Img_5509

先ずは、出来たのでこんな感じのトートバッグです。
左側のは、花紺とピンクのトートバッグ。
右側のは、グレーとスイトピーのトートバッグ。
真ん中は、バッグインバッグ。

帆布生地と言えば、私が愛用しているUNITED BEESのペンケースは倉敷帆布で作られているらしいです。この生地が良いかなと。
倉敷帆布のオンラインショップで頼んでみました。名古屋にも売ってるのかしら???

Img_5492

早速届きました。こんな感じで丸められて送られてきました。
なので若干送料が高いなぁ、、、と。

Img_5493

可愛いですね。和紙に書かれた倉敷帆布。

Img_5494
色は、左から、スイトピー、ピンク、花紺、グレーです。
花紺とグレーが実物は、もう少し明るいかなと。

帆布の生地は、6号とかで作ったやつを売っていたりしますが、まず家庭用では無理らしいです。8号か無難なのは11号帆布だそうで。
でもでも!私のミシンは家庭用だけど、アイシンミシンでジーンズが縫えるミシンです。
なので、きっと大丈夫だろうと思って8号帆布買ってみました。

ちなみに、私のミシンは、「デニム12オンスの12枚重ねも簡単!」とうたうSUPER JEANSというもの。これ、色んなことは出来ないけど、厚地のものを縫うのは凄い!結構デキる子なんですよねぇ。その割に良心価格。高級な母のミシンより、このミシンのほうが愛用してます。
母のはミシン目の大きさもめっちゃたくさん選べますけど、私のは小さいステッチと大きいステッチの2個のみ。ステッチの大きさは自由度がないなぁと残念ではあるけど、それ以外は大満足。軽いのでたまに力入れすぎて浮きますけど。(笑)おすすめですよ!

脱線しましたねぇ。

左側の花紺とピンクのトートバッグは、バイオリン用。
前に使っていたマッキントッシュのトートバッグの中のファスナーが可愛かったので移植しました。(笑)そして縫い目が曲がってるのは相変わらず。ご愛嬌ってことで。
真っ直ぐ、、、縫えないんですよねぇ。。。なんでだろう。
でも、何処かで見たボンドを貼ってファスナーを縫うと簡単ってやつ。
ボンドは黄色い普通のボンドだと硬化するので、ボンドGクリヤーがおすすめらしい。
これ、すっごい楽でした。速乾ですぐにくっつきますし。付けすぎると出てきちゃうので控えめに。

Img_5514

ちょっとファスナー部分が毛羽立ってたけど、ま、いっか。このファスナーかわいいし。
こういったおしゃれなファスナーってどうやったら買えるんでしょうねぇ。

こちらのバッグは、バッグの底をピンクの生地を貼りました。
Img_5513

特に意味はないけど、可愛いかなと思って。底、上部にもなるしね。

Img_5496

ちょっと色が派手に写っちゃったけど。
こんな感じですが、中のポケットを先につけないと駄目なのを忘れてて、面倒だから後から、ポケット分だけ解いてそこに入れ込んだので少しぽっこりしてますね。気にするなかれ!
上に青い帆布を二重にしてみたので、結構、分厚くて、両端は、私のミシンでも悲鳴を上げましたねぇ。危なかったです。


右側の、グレーとスイトピーのトートバッグは、最初に作ったレッスンバッグが結構厚地になりミシンがしんどかったので、裏生地を買い直しました。大きめの一眼レフカメラを持ち歩くためのバッグなので、頑丈は良いけど、重くなるので、裏地はそんなに厚くないほうが良いかと。

いつもより薄手のコットンオックスフォード。
Img_5512

カラフルにいろいろ買ってみましたよ。購入先は、鎌倉スワニーさん。

そして、ミシン糸!糸は厚手をぬうので、シャッペスパン30番を近所の手芸屋さんで購入しましたが、100m。あっという間です。そもそも、私が間違えるから、縫ってはほどく。

ミシン糸って高いので、なんとかならないものかとネットを捜索。
みつけました。シャッペスパンと同じフジックス製品で、工業用のキングスパンというミシン糸があるそうで、2000m!!シャッペスパンはとても良いものらしいけど、キングスパンはそれよりは劣るのかもしれない?ですが、良さげです。

Img_5505


色が良くわからないので適当に。
シャッペスパンは250円(100m)ぐらいだったかな?に比べて、ネットでキングスパンは440円(2000m)でした。
安い!

比べると、毛羽立ちはキングスパンの方が若干多いかな。
後色合いは、確かに、シャッペスパンの方が光沢があるようにみえます。

でも、塗ってみてみると、さほど違いもわかりませんでした。

この糸は、インターネットの糸や「ボビン」さんにて購入しました。
配送も早くてすぐ着きます。
楽天ショップなら、いとやさんがいいかもです。
この業務用の糸は普通の手芸屋さんになかったです。

そうです!業務用のこのキングスパンですが、家庭用ミシンだと扱えない?って思うはずです!私のは大丈夫でしたよ。本来糸を乗せる場所には乗りません。穴が大きいし踊りだします。そこで、机の上に糸を置いて、本来糸を乗せる場所にゼムクリップを挟んで、それに糸をひっかけました。これで糸調子はオッケーでした。

Img_5517
このグレーのトートバッグは、下を二重にしてグレーとスイトピーの帆布を重ねました。
ただ、一色はつまらないかなと思ったからですが、二重にすれば頑丈になるし、くにゃっとならず、立ちますしね。

Img_5515

グレーのトートバッグの中身はこんな感じです。
緑!めっちゃかわいい。この色。
ファスナーは、インターネットの糸や「ボビン」さんにて購入したものです。いい感じ。
横にDカンを付けました。なんのために?って。これは、LEATHERMAN ( レザーマン ) のマルチツールをここにぶら下げるようだったりします。(至れり尽くせり!)

Img_5516

反対側のポケット。小さい方はスマホ入れ。
大きい方はいろいろ入れるためですね。

Img_5507

余った布で、バックインバッグ。

Img_5506

ポケットを 前と後ろに2個ずつ。
マチ付きのポケットには、キーケースとカードケース。
裏側のポケットには、名刺入れとお薬ポーチ。

ファスナーの中にお財布を入れて。

後は、バッグを変えるのも、これをぽいっと入れ替えるのみ。
裏地を面倒で付けなかったので、中は汚いし、糸の色もそのまま使ったので、見えてるけど、気にしないこととして、完了です!!

追記。
帆布生地ってどちらが表?なのか分からず、ネットで色々探しましたが、どうも答えにたどり着かず、、、気になったので電話して聞いてみました。倉敷帆布さんにね。
倉敷帆布さんの場合は、内側が表として発送してくれているらしいです。
少しつるつるしてるように思うほうが表の様子です。
が、帆布は本来、裏表が存在しないそうで、どちらでも好みでお使いくださいとのこと。
風合いで裏表をいろいろ使うんだそう。



|

« スマホ用三脚アダプター | トップページ | TM Violin Lesson210 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマホ用三脚アダプター | トップページ | TM Violin Lesson210 »