« ゴルフラウンド5回目@桑名国際ゴルフ倶楽部 | トップページ | そら豆 »

2018年5月27日 (日)

TM Violin Lesson216

バイオリンレッスンです。

春 1楽章(二重奏)

綺麗に弾くということで、「G線上のアリア」のレッスンを受けていましが、終わったので、
前からやっていた二重奏の本「たのしいヴァイオリン二重奏」の中の『春』をやることに。

今日、先生から『春』をやることを伝えられ、
すぐにやりましょう!と言われても、、、、いっぱい間違えました。笑

と言う訳で、練習しておいてとのことです。

そして来週から、バイオリンの通り道!?必ずや練習するであろう、「カイザー」と「セヴシック」がありますが、、、「カイザー」は、やってきましたが、「セヴシック」は嫌で逃げてました。が、この機にやりなさい!とのことで、バイオリンを習って自分の趣味だけなので特に意識も低くやって来ていますが、やっぱり、好きな曲を弾きたい!と思うと、避けては通れない道ですねぇ。技術が伴わなければ、どんなに練習してもダメなのでしょうね。
セヴシック」が嫌な理由は、つまらないから!笑
とにかく単調で、これかーー!と言いたくなる苦痛な感じ。
スポーツで言えば地味な筋トレ?

とりあえず、「セヴシック」を買って来いとのことです。
1週間に本当にちょっとしかやらない!と宣言しつつ、それでもやることにしました!!

頑張れ!私!!(笑)

ヴァイオリン・ソナタ 第9番 「クロイツェル」

重音の時、例えば4音だと2音ずつ弾くが、
この2音と2音の間が開いてしまって別物に聞こえる。
弾き方として半分に分けて弾くだけなので、別物ではない。
しっかり、一つの音に聞こえるように弾くこと。

|

« ゴルフラウンド5回目@桑名国際ゴルフ倶楽部 | トップページ | そら豆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴルフラウンド5回目@桑名国際ゴルフ倶楽部 | トップページ | そら豆 »