« PC FAXを考える『其の一』 | トップページ | TM Violin Lesson224 »

2018年7月21日 (土)

PC FAXを考える『其の二』macでFAX

PC FAXを考える『其の一』 の続き。

FAXの頻繁使用が求められ、パソコンで作成→印刷→FAXという作業の効率の悪さから、どうにか逃れられないものかと、、『其の一』 では昔のwindowsXPのパソコンを使って送ってみましたが、これは成功!

ただ、ネットワークに入れるのは危険なので、データをいちいちUSBとかに入れて、windowsXPを起動してという、印刷するのと変わらないくらい面倒な作業。。唯一データなので、エコではありますが。


そこで、やっぱり使ってるMacで完結したい!!

ということで、挑戦してみることに!

まずは、FAXモデムがMacには付いていないので、USBで接続できるFAXモデムを購入することに。AmazonでAmazon'sChoiceと書かれたヤツ、windowsのレヴューばかりでMacは?という感じですけど、これ買ってみました。一か八か(笑)

AGPtek External USB2.0 FAX MODEMファックスモデム という商品らしい。

Img_6086

中身はこんな感じ。まさかの!!モジュラーケーブルついてる!!この前、足りなくて買ったのに。残念!!!

MacにUSB接続してみる。

そして、macOS Sierraはできないらしい。→appleサポートのページ

これは買う前からわかっていたので、良し。
私は、仮想をVMwareFusionで作っているので、そこに、windows10,macOS10.7と10.10を入れてあります。なので、これらで実験。


Windows10は、前回のxpとさほど変わらずの設定で、OK。
ファックスモデムのランプが赤いのが点灯したままだけど、青ランプに変わらないのかしら?とか思うけれど、問題なく送れました。


肝心のMac!元々、10.7にはFAX出来るモデムがありますが、AGPtek External USB2.0 FAX MODEMファックスモデムを使用するので、10.7でも10.10でも同じことでしたね。

システム環境設定から、プリンタとスキャナ。
プリンタの追加。左下のプラスボタンで追加する。
ここで、ファックスが選べるはず。Sierraだと、ここにファックスの項目がないので、出来ないのでは?接続したUSBモデムを選択して、追加。

Fax1

追加できると、以下のよう。
ファックス番号を自分のを入れる。
Fax21

とりあえず、適当に文章をプリント→プリンターを先ほど追加したUSBモデムを選ぶ。
モデムを選ぶと、下に宛先が出てくるので、宛先に送信したいFAX番号を入力。
表紙とか要らないから、何も記入せず、ファックスを押す。

これで送信完了!
Fax3


実に簡単に送信できました。
1つ言えば、
ファックスモデムのランプが赤点灯したまま。
一瞬、青ついたかも?ぐらい。付けっ放しにしてると、この赤ランプが鬱陶しいので、外しておくことに。

とりあえず、MacでFAX出来たので、一安心!

|

« PC FAXを考える『其の一』 | トップページ | TM Violin Lesson224 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PC FAXを考える『其の一』 | トップページ | TM Violin Lesson224 »