« TM Violin Lesson222 | トップページ | スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展にGO! »

2018年7月14日 (土)

TM Violin Lesson223

バイオリンレッスンです。

セヴシック opus1

結構、適当。
微妙にずれても、しっかり音を感じること。
普段、曲だと何度も弾き直せば、なかなか進まないとかありますが、セヴシックは、音の練習なので、何度も弾き直して、しっかり頭にその音を叩き込むこと。

春 1楽章(二重奏)

今日は、前弾けていたところも、かなりずれましたね、、、。

バッハ ヴァイオリン協奏曲1番・2番

次回からの曲を決めようと、、、
私らしくない、と先生は仰いますが、、、
今の所、バッハのヴァイオリン協奏曲の1番か2番にしようかと、、、
1番は、スズキの教本6巻ぐらいかな?にもあるらしく、私は6巻やってないので、わからないのですけど、、、こちらの方が、有名?
2番は、私は、こちらの曲の方が、良く知っております。何故でしょう???

一応、少しだけ、両方練習したので、両方弾いてみることに。

1番の方が、弾きやすいと、私は思いました。
けれど、レッスンで弾いてみると、1番は、適当すぎるとのことで、2番の方がきちっと弾いてる感じがするとのこと。

多分、1番は、弾きやすかったので、楽譜をきちんと見ないで、適当に自由に弾いた結果?
2番は、難しいなと思い、楽譜に噛り付いて弾いた結果、うまくは弾けないけれど、忠実に弾こうとしていた、というのが、結論かと、、、。笑

ということで、2番になるのかな???

|

« TM Violin Lesson222 | トップページ | スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展にGO! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TM Violin Lesson222 | トップページ | スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展にGO! »