« TM Violin Lesson259 | トップページ | TM Violin Lesson260 »

2019年4月17日 (水)

Quartet74

4月のカルテットです。

ハイドン 皇帝 1楽章

先月は、今年の曲を、「セレナーデ(シューベルト)」にして練習していたのですが、
なんだか、もうちょっと違う曲がいいということになり、

先生は、簡単な曲でカルテットとして、合奏がちゃんとできるようにとのこと。
また発表会で弾くのにあまりにもクオリティが低いとダメとのこと。

ただ、私たち大人からバイオリンをやっていると、クラシックが好きで、音楽が好きで、夢を見てやってる人ばかりで、ディズニーとかジブリとか嫌だとかワガママなんです。

とは言え、クラシックで簡単なカルテットってなかなかない。
しかも、好きな曲は難しい。
後は、1stバイオリンだけがメロディーで他の人がつまらない。
みんなが演奏できて楽しい曲となると、結局難しくなってしまう、、、というなかなか難しい感じではあります。

結局、またも難しい曲を選んでしまいましたよ。
ハイドンの皇帝です。3楽章がドイツ国家かな?でも友人がドイツ国家嫌いとのことで、2楽章の方が有名かな?よく聞くのですけど、オープニングにしてはしっとり。しかも、チェロのお休みが長い!
1楽章は良いけれど、楽譜を見ても難しそう、、、、


色々揉めましたが、取り敢えず練習してみることに。

今回は、チェロの人がお休みでしたが、目標としていたところまでは進めたし、難しいのでブツブツ言っていたものの、まあまあ初回にしては良かったのでは?という感じ。

|

« TM Violin Lesson259 | トップページ | TM Violin Lesson260 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TM Violin Lesson259 | トップページ | TM Violin Lesson260 »