« 四国 石鎚のお酒 | トップページ | TM Violin Lesson262 »

2019年4月27日 (土)

TM Violin Lesson261

バイオリンレッスンです。
またもブログサボりました。

セヴシック opus1

今日は、注意されず、特に問題なさげに進みました。

春 1楽章(二重奏)

おやすみ。

先生の本(二重奏)

お休み。

バッハ ヴァイオリン協奏曲1番

なんとか後半全部やってみました。と言っても、譜読み程度にしかなりませんでしたが。
とりあえず、全部弾いてみることに。
前半、今まで注意されているところが全てできていないと、怒られました。
というか呆れられました。

どうしても、レッスンに行って、シャープ忘れてる、リズム変と言われても、また練習するときに、同じ過ちを犯しながら練習してしまってます。。。別に練習をサボっているわけではないのですが、、、。どうも、嫌いだから練習もしないでレッスンに来ていると思われた感じで。
嫌な空気が漂いました。今週は、特に後半の譜読みだけで時間取られてしまって、前半の練習はさらっとしかしていなかったので、
余計に、ダメだったかな、、、

そして、もうこれ辞めなさいと言われました。
今度の発表会の曲を決めていないので、もう少しマシになるまでやろうと私自身は決めていたのですが、、、
先生はお気に召さないようで。

確かに、連休前は、仕事も忙しいし、気づいたらバイオリンの練習時間が少しになってしまっていたりしていました。
別に、この曲だから手を抜いているわけではなくて、本当に忙しくて、
それでもレッスンだけは行った方がいいかなって思って行ってたんですけどね、、、それが仇となったのか・・・。

結局今日のレッスンは、レッスン?というよりも、ただ揉めてた感じですよね。
いや、揉めるというか、どうしたい?と聞かれ、私は、もう少し続けますと意思表示をするも、
辞めた方がいいんじゃない?と。
結局、無駄に時間取られるだけで、勿体無いし、自分の意見も通らなそうだし、揉めるのも面倒だし。

そして次の曲を、あれがいいか?これがいいか?
なんやかんやしてる間に、ほぼ時間切れ。

とりあえず、先生が決めた曲になるみたいです。

何度注意されても直せない私が悪いのですが、どうしたもんかと、、、
リズムは覚えてしまうとなかなか抜けないし、レッスン中に言われたリズムを帰ったら忘れてる感じだし、
指が覚えてしまったシャープとかフラットとか、微妙に音が低いところ、高いところ、
何度も直せないのは、、、どうしたもんかと。
耳が、変な音程を覚えてしまって、違和感がなくなってしまって、これが合っているかのように思ってしまうんですよね。

これがやる気がないと決めつけられるのも、遺憾ではあるけれど、
やる気がないと思えてしまうのも仕方ないのかなぁ、、、、。

本当にしょんぼりです。

ハイドン 皇帝 1楽章

今日もなしです

|

« 四国 石鎚のお酒 | トップページ | TM Violin Lesson262 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四国 石鎚のお酒 | トップページ | TM Violin Lesson262 »