« リュックサックにつけるポーチ | トップページ | GW 京都へ 其の二(ランチ編) »

2019年5月13日 (月)

GW 京都へ 其の一(京都御所編)

10連休のGW。途中はお仕事の予定で空けていたのですが、暇になりました。笑

伊勢神宮に久々に行きたいなーっと思いつつ、天皇即位の日から3日間は、お祝いの行事が行われるそうで、「舞楽」 が見られるとのこと。
とても興味深いものではありますが、、、辿り着くのか、そして辿り着いても混雑は半端なく、大丈夫なのか。。
1日は生憎の雨で、2日に動く予定でした。1日の下道でさえ辿り着かなかったとのことで、私には無理そうです。

そこで!電車で京都散策に出かけることにしました。
一度も行ったことがない、京都御所に行ってみたかったのです。昔は確か春と秋に一般公開されていて、事前予約だったと思います。
なので横を通りつつ入れなかった記憶しかありません。

名古屋からの新幹線は、35分くらいかな?めっちゃ早い。
さすがにGWなので、すでに並びでは座席は空いていないけれど、バラバラなら案外簡単に取れました。立っていてもいいレベル。

いや、私の場合、トイレ並びしてたら、結構立っていたので、指定券いるのか?って感じでした。笑

さて、あっという間に京都に到着。
うん、混んでます。笑

とりあえず、電車で御所に向かいますよ。

京都御苑から向かいます。

【閑院宮邸跡】
1w0a1044

ここからの絵が素敵でしたが、人が通る通る…
1w0a1040

新緑が素晴らしいお庭。
Dsc01080

【白雲神社】
1w0a1050
どこにあるのかわからず、通り過ぎました。笑
音楽の神様ということで、ここに来たかったのですよ。なんの才能もない私ですが、楽しく音楽が出来ればなという思いです。そりゃ少しは上達もしたいし、、、。

まずはこちらで、御朱印をいただきました。GW中は別紙にて対応とのことで、どうも元々先に書いてくれてあって、日にちだけ今日書いたのかな?なんとなくそんな感じです。琵琶のハンコが可愛いです。
Dsc01125

ここで、お参り。

1w0a1054

そしてもう一つ。
薬師石」 という有難い石があるらしいのですよ。どこにあるのかしら?と裏へまわるとありました。
別名「御所のへそ石」と呼ばれ、「この石を手で撫で、患部をさすると怪我や病気の治療に効験がある」とのこと。
早速、もちろんお腹をさすり、いつかこの腹痛持ちから解放されたい!とお願いしました。効いてるといいな!

1w0a1057

砂利道をひたすら歩き、漸く、御所にたどり着きます。笑

1w0a1060

【京都御所】

御所は、門のところで荷物検査があります。そしてそれが終わると入門証が渡されました。
念願の!京都御所です。

御車寄(おくるまよせ)
ここの後ろには、何やら行事?な感じのテントが準備されてます。
あとで知りましたが、5月4日・5日は、ここで天皇御即位の記帳が出来たらしい。

1w0a1061

1w0a1063
1w0a1068
1w0a1064

朱色の門が素敵。そして!
紫宸殿(ししんでん)

すごく広いですが、近寄れませんでした。そりゃそうですね。
京都御所において、最も格式の高い正殿であり、即位の礼など重要な儀式が行われた場所だそうです。

1w0a1070
ここからじゃ書いてあるのが、、うっすら、、向かって右側はかろうじて読めました。
お雛様に飾れれているあれです!
東側(向かって右側)が「左近の桜」、西側(向かって左側)が「右近の橘」ですね。
写真を拡大すると看板見えましたが。桜か橘か木では全くわかりませんね。

1w0a1073

春興殿(しゅんこうでん)
1w0a1077

清涼殿(せいりょうでん)

天皇の日常のお住まい。

1w0a1085

清涼殿の前には、呉竹(くれたけ)と漢竹(かわたけ)。
人がいっぱいなので、両方一緒に写すといっぱい人が入ってしまうので、、、、。
1w0a1084
1w0a1083

1w0a1086

御池庭 (おいけにわ)

美しすぎるお庭でしたね。
1w0a1097
1w0a1094

御内庭(ごないてい)

Dsc01088

1w0a1103

左が御御所 真ん中が蹴鞠の庭 右側が御学問所
蹴鞠ってそんなに広くはないところだったのね!って、今まで広すぎるお庭を見てきたからかしら???
1w0a1096

迎春(こうしゅん)

1w0a1106

御常御殿(おつねごでん)

襖の写真しかないけど・・・
1w0a1109
1w0a1111
1w0a1110 

結構、まわりましたね!だいたい御所内だけで1時間。
長くなったので、次へ→

|

« リュックサックにつけるポーチ | トップページ | GW 京都へ 其の二(ランチ編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リュックサックにつけるポーチ | トップページ | GW 京都へ 其の二(ランチ編) »