« TM Violin Lesson271 | トップページ | またまたマリメッコのトートバッグ »

2019年7月27日 (土)

TM Violin Lesson272

バイオリンレッスンです。

セヴシック opus1

小指を弾いた時に、1の指をしっかり戻すこと。
戻りきっていない。また、4の指が高くなる。
とにかく、きちんと1の指のポジションを確定させること。いつも違う。
どんなことがあっても1の指は確実・正確に戻れること。
そして半音階が出来ていないので、半音階のやつもやることに。
むずい。ズレてるのはわかるけれど。。。。

先生の本(二重奏)

ホーマンかな?前にやったと思ったけれど、違う本?
またやりましょうと。
初見で弾くやつね、本当に苦手。めっちゃズレる。涙
この前、テレビで声楽家の人が、初見で1、2分楽譜みて、すぐ歌うってのやってたけど、
完璧だった。なんで出来るんだろう・・・?


Brahms  Violin Sonata #3 In D, Op. 108

リズムが自由。
変なリズムを覚えてしまうと直すのに苦労するので早いうちに直しましょうとのこと。
大嫌いな、メトロノーム登場。
最初はメトロノームきちんと聞いてるけれど、そのうちに聞いていなくなる。
帰るとまた忘れるんですよねぇ。先生いないと、どうも自由すぎる演奏に。
メトロノームと自分だと、間違ってるのさえわからない。
どうしたもんか、、、
ずっと忙しくて練習ができていなかったので、ようやく時間取れる!と思いきや、夜飲んだりして、またも練習をサボる、、、
真面目にやらなきゃねぇ。

ハイドン 皇帝 1楽章

なし

|

« TM Violin Lesson271 | トップページ | またまたマリメッコのトートバッグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TM Violin Lesson271 | トップページ | またまたマリメッコのトートバッグ »