« 泉酒造の仙介@神戸のお土産 | トップページ | TM Violin Lesson284 »

2019年10月26日 (土)

TM Violin Lesson283

バイオリンレッスンです。

セヴシック opus1

1stポジションに迷いがある。

先生の本(二重奏)

弾いたことある楽譜のよう?な、なのに、イマイチでした。

Brahms  Violin Sonata #3 In D, Op. 108

途中、妙に長いスラーで続くところが、とても良いとのこと。
全く弾けなくて、めっちゃ練習してたので良かった。
楽譜の上の方に『IV』と書いてあるところがあり、この意味がわからず、4ポジで弾くのかな?とか思いつつも、
指番号がたまに書いてあるけれど、4ポジじゃないし、なんだ?と思っていたら、
4番目の弦、つまりは、G線で弾くことらしい。
でも、、、G線で弾くには、めっちゃポジションを上げないといけないから、、、弾けるのだろうか、、、と思い、
無視してもいいですよね?と先生に聞いてみるも、ここには、G線にする意味があると、、、マジか。

ハイドン 皇帝 1楽章

なし

|

« 泉酒造の仙介@神戸のお土産 | トップページ | TM Violin Lesson284 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泉酒造の仙介@神戸のお土産 | トップページ | TM Violin Lesson284 »