« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

TM Violin Lesson295

バイオリンレッスンです。
今日は、故障車?渋滞に巻き込まれ、めっちゃ遅刻。。。(涙)


セヴシック opus1
今日は、時間が足りないのでパス。

先生の本(二重奏)

今日はこちらもパス。

Brahms  Violin Sonata #3 In D, Op. 108

渋滞でイライラしていたのか、、、音程が悪い。苦笑
とにかくファが#ファになっている。
その他も、調が変わる度に、フラットがなくなったり、自由でした。

リズムは良くなった。
あとは、ピアノに合わせるように、きちんと弾くこと。
音程がずれた箇所は直してくること。
これくらいでした。時間がなくて早足で進んだ割に、余計必死でいい意味で集中したレッスンが受けられました。
これはこれでいいね!

ハイドン 皇帝 1楽章

お休み。

| | コメント (0)

フォトアルバム@しまうま

しまうまプリントでフォトアルバムを作ってみました。
昨年は、ネットプリントジャパンで作ってみたのですが、どうやら統合されたらしく、しまうまのみになってしまいました。
もともと同じ会社といえば同じ会社。

ほぼ同じ感じなので問題はないのですがね。笑

些細なことですけど、私がネットプリントジャパンを選んでいたのは、表紙の色。
しまうまもネットプリントジャパンも決められた色があり、その中から表紙の色を選ぶ方法。

しまうまの方が、ビビットカラーというか、原色な感じの色合いが多い。
ネットプリントジャパンは、薄い水色、薄いピンク、薄いエメラルドグリーンみたいな色展開で、
しまうまは、赤、黒、青、黄色、緑、薄いピンク、、、みたいな色展開。最近少し展開が変わりましたが。

そんな些細な理由。
頼んだのは、A5スクエアサイズ(148mm×148mm)というもの。
理由はないのですが、私はスクエアサイズが好き。笑

24ページと36ページは同じ料金。
ならばと36枚!そして、印刷は、2種類ありスタンダードとプレミアムを頼んでみることに。
印刷種類や表紙や何かを変えての注文は全て郵送が別々。メール便は100円と安いのでまあ、いっか。

36枚とはいえ、最初の1ページ目はタイトルとサブタイトルしか印刷できない。
最終ページは、タイトルとサブタイトルに加えて表紙をすごくちっちゃく印刷してあるのみ。
あとは、しまうまのロゴがつく。これは消したければお金を払えとのこと。
海外のBlurbという会社と同じ感じです。

36枚の注文で実質は24ページということになります。

パソコンから注文するので、アプリでもなく、ただインターネットのページから出来る!
にしても、1ページに4枚らしく、そんなんね。笑

というわけで、注文して、スタンダードは翌日。プレミアムは4日後に印刷完了。配送へ。
Img_7790
こんな赤い袋でしまうまさんが届きました。
メール便にしたので、配送だけで3.4日くらいかな。

Img_7812
中身はこんな感じ。これはプレミアムの方だけど、画質は良い。

Img_7811


違いはこんな感じらしい。
用紙の厚みが違う。用紙自体の色もスタンダードは黄色い。プレミアムは真っ白。微妙だけど。
印刷クオリティーは、スタンダードもそこそこ綺麗。値段考えたらすごいね!
グラデーションはやはり劣るかな。若干の網点とね。
プレミアムは滑らかで美しい。
これは見本なので、違いがわかる写真ではあるとは思うけど。

298円と1498円の違いがあるので、この差は、出すお金で違って当然。
でも298円でこんな立派なアルバムが作れるならめっちゃお得なので、いいと思う。
普通のアルバムで1498円でも安いので、綺麗な写真にしたいならプレミアムもいいし。
いっぱい色々作るなら、スタンダードは作りやすい。

1198

1点、解せない点ありましたね。
これは、スタンダードでの印刷は、どうやら、巻きカバー。ネットプリントジャパンでは、同じく低価格でありましたが、
きちんとソフトカバー。フォトブックの表紙にきちんと印刷されていました。
が、しまうまのスタンダードは、ブックカバーが付いていて、そのブックカバーに印刷されています。
これねぇ、破れるし、邪魔だし。絶対、表紙に直接印刷されているのがいい!!
改善してほしいですねぇ。

さて、出来上がった写真の中身が、1ページにつき4枚より多いのは、お気づきでしょうかね?笑
これは、別のソフトで作って、jpgに保存して1枚の絵として入れたら完璧にできました。
photoshopとかindesignで作っても大丈夫でした。
基本、indesignで作り、用紙は148mm×148mm。
マージンを悩みましたが、12mm。350ppiで書き出し。画素数は推奨画素数に合わせました。
表紙は151mm×115.5mmくらいで作りました。これは全部画像にしたので、マージン1.5mm程度。

結果、表紙はぴったりな感じ。縦113.5mmくらいになってます。
印刷された中身は、測ってみるとなぜか、上7.5mm、横7mm切れるくらい、下8.5mmの余白になりました。
中央はもう少しマージン取っても良かったかなと思ったりで。
っまでも結構うまくできて満足。

文字は、jpgで作るときに書いておいても良いけど、後からしまうまのネット上で書いた方が印刷は綺麗。
でもjpgにしても十分ですので気にならない程度でした。

しまうまで、タイトルが13文字以内、サブタイトルが、24文字以内となっていて、ネットプリントより書けないことが判明しました。
これくらいかな、もうちょっとって思うのは。背表紙に印刷されるのはタイトルのみ。なので、これが13文字って短く感じますね。

【フォトブックの記事】

フォトアルバム@MY BOOK
フォトアルバム@しまうま
フォトアルバム@PhotoJewel-S Canon

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

一眼レフ用にミニ三脚ゲット!

三脚は、結構いっぱいになりつつありますが、、、
なぜか、マンフロットだらけ、笑

一眼レフを持っていると、時々、自分が全く写っていないことに気がつきます。
私はこの場にいたんだろうか?と思うくらい。

撮ってくれる人も、稀にはいるけれど、、、
自分でテーブルの上に三脚置いて、ちょこっと撮りたいと思っていて、

youtubeで話題?高評価のSIRUI テーブル三脚 3T-35K が気になってまして。
でも中国製ってどうよ?
と、ひどいねぇ。三脚ってたかが三脚ですけど、カメラが落ちたらシャレになりませんからね、
色々考えてしまうんです。

でも、妙に人気で、しかもお手頃。
めっちゃ気になり、
どーしても気になり。

こりゃ、買っちゃえ。

Img_7821
うん、黒くてカッコ良い箱。

Img_7824
ふむ、結構軽い。持ってみると持った感じが手に馴染む。これだね、youtuberがこぞって買う理由は。

Img_7826

私のカメラもちゃんと乗った。
最大搭載荷重4kgらしい。
カメラが、890g、レンズが、805g。大丈夫だ。
だからと言って、ちゃんと乗るのか?とも思ったけど、大丈夫みたいですね。フゥ。
自由雲台も結構、気持ちよく動くし、思ってたのよりも遥かにいいと思いますね。

Img_7827
ちょっと気になるのが、これ。自由雲台についているプレート。
ちっちゃくて頼りないのね。しかもコイン式。

よく見ると、アルカスイス互換じゃん!!

ということで、とりあえず、Manfrotto 三脚 Befreeアドバンスについているプレートが200PL-PRO
このプレートは、アルカスイス互換!

Img_7829
しかも、裏側は、このように、コインじゃなくても取手がついているので便利!

Img_7830

オッケーそう!やったね!

| | コメント (0)

Quartet83

1月のカルテットです。

ハイドン 皇帝 1楽章

なんだか久々感。
個人的には、シャープを忘れているところ、たまに、四分音符とか音が短くなってしまっている様子。
個人のバイオリンと違って、ファーストバイオリンは特に、合図必須!
顔も楽器もあげて、大きく合図しないとわかりにくいとのこと。
自分のことで精一杯でしなきゃいけない合図がすっかり、、、。

カルテットは、やはり合わせる難しさをよくよく思い知らされますね。

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

TM Violin Lesson294

バイオリンレッスンです。

セヴシック opus1
今日は、オッケー。

先生の本(二重奏)


今日はお休み。

Brahms  Violin Sonata #3 In D, Op. 108

とりあえず、全部を観れたので、もう少し細かく。
弓を押しながら弾いていると思い感じがする。
もう少し軽やかに。弓を多く使い、最後は弓の量を減らして音をふわっとだす。
明らかに違う音がするけれど、自分でやると上手くいかない。

ハイドン 皇帝 1楽章

お休み。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

TM Violin Lesson293

バイオリンレッスンです。


セヴシック opus1

今日は、少し高い感じ。

先生の本(二重奏)

今日はお休み。

Brahms  Violin Sonata #3 In D, Op. 108

ほぼ、リズムがおかしかったところが、良くなったとのこと。
あとは、特に高音部の音が狂わないように。
フラットとか忘れたり勝手につけたり自由なところがあるので、きちんと楽譜を見て、多分間違って覚えてしまっているので、修正してくること。

ハイドン 皇帝 1楽章

お休み。

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

TM Violin Lesson292

バイオリンレッスンです。本年度初レッスンです。
年末年始大いに飲み、そして全く練習もせずに、あっという間に、新年レッスンへと突入。

やばい。
とはいえ、最近だらけすぎなので、もう少し真面目にバイオリンやりたいと思います。今年こそ!!

セヴシック opus1

OK!

先生の本(二重奏)

合格ならず。どうもこの曲が苦手らしい。笑

Brahms  Violin Sonata #3 In D, Op. 108

自信を持って?練習しておりませんでしたが、なぜか?いいそう。
なぜでしょ?私は練習しないくらいがいいとか???そんなわけがありませんね。笑
もうすぐ発表会、今年は少し遅めではあるけれど、、頑張らねばです。
サボりすぎです。とはいえ、年始は忙しいので、どうなることやら。

ハイドン 皇帝 1楽章

お休み。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

お正月

新年あけましておめでとうございます。

とまあ、年始からの遅れまくり。涙

今年も、ブログは辞めません!少しずつ、書いていこうと思いますので、ぜひよろしくお願い致します。


と言いましても、正月明け、だいぶ経ちましたが、
年始は、暇なような?忙しいような?ブログをゆっくり書く時間はありませんでしたね。
とか言いながらも、年末年始は、飲んだり飲んだり。笑


珍しいお酒が手に入ったので。


蓬莱泉 純米大吟醸 摩訶
Img_7776 Img_7777


この摩訶は、関谷酒造渾身のお酒。
米から自社で作り、最高のお酒を作ったのだそう。バイヤーのお兄さん曰く、僕たちが頑張って作ったお米をたったの30%まで削って削って削って、、、そして出来上がったのがこの子出そう。
拘って拘って拘って作ったと言われるこのお酒。
有名な「空」よりも「吟」よりも、何よりも、美味しい。
唸る美味しさでした。
新年とてもとても幸せに迎えられました。
そうそう、体調ですが、これが、冬に良かった試しのない私が、
なんと!暖冬だから?とにかく年末くらいから笑えるくらいの良い体調。
このまま長続きするといいなぁ、と思っております。
摩訶、たまたま手に入ったけれど、また来年も飲めたらいいのに、、、と思う新年でございます。




 

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »