カルテット@バイオリンレッスン

2018年1月17日 (水)

Quartet60

1月のカルテットです。
発表会前、まさかのラストレッスン。
私は、まだ自分のパートが弾けないのですわ。
もう最悪〜
しかも、この曲フラットナチュラルで微妙に薬指だけを移動させることが多いので、
腱鞘炎?の薬指が悪化するのですよ。

cherry死と乙女(シューベルト)

スタッカートが全てスタッカートになっていない。
スラーは切れないこと。

強弱をしっかり。

全員が同じ動きのところは、合わせられるように、、、。

まだリズムがおかしいところがある。

私だけが16分音符で動くところ、、、なんとか皆んなが入りやすいように最後くらいは弾けるように、、、。

とにかく、課題だらけ。そしてもうすぐ発表会です。

なんとか、時間を作りつつ、指を悪化しないというか、弾けなくならない程度に、、、
練習せねばです。

| | コメント (0)

2017年12月20日 (水)

Quartet59

12月のカルテットです。今年ラスト。
来年の発表会もすぐそこ。
ですが、指の痛みもあり、余計に弾けない。
しかも何よりも、この曲が難しいのです。。。

cherry2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調(バッハ)

カルテット前に一瞬だけ、ピアノ合わせレッスン。
先週までてんやわんやでしたが、ピアノが入るとかなり弾きやすいです。
若干、色々グチャグチャになりましたが、合いました。良かった!

cherry死と乙女(シューベルト)

さて、カルテットレッスンです。
音の出し方について。特に長い音符で音が後からボワーーーっと大きくなるのはダメ。
最初に決めた音量にすること。
フォルテなら最初からフォルテ。

16分音符、全部弾けなくて良いから、頭だけ弾きなさいとのこと。
ですが、頭がグチャグチャに。
私の弾き方だと、1拍目がわかりにくい判らない。

後、リズムがおかしいところがある。
先生に弾いてもらってボイスレコーダーで録音。家に帰ってから練習。

今年もラストのカルテット。
全然弾けませんでしたね。

| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

Quartet58

11月のカルテットです。
先月はボロボロでしたのでリベンジといきたいところ…ですが。
指はまだ治りませんし、なかなか練習も捗らずです。

この曲、早いところがたくさんあり、余計に指が痛いのですよねぇ…。
早く治ってほしいです。

cherry死と乙女(シューベルト)

さて、レッスンです。
未だに、自分のことばかりで、どこで誰が動いて、誰と一緒なのか?
全くもって把握出来ていなくて、一緒のところも合わせるどころか?全くその意識すらない。
もう11月だと言うのに…そもそも自分のパートさえ弾けていないので、余裕すらない。

弾けない理由を、早くて弾けない。
そもそも指が痛いのに、早い箇所は拷問のように痛い。
痛いせいにしてるだけよね。早いとただ単に私が必死になって指に余計な力が入って、余計に痛いと言う悪循環。

特に後半。バラバラ。落ちる人多発。

早い箇所。とにかく最初の音だけ出すように。全部弾こうとするからぐちゃぐちゃになる。
とは言いましても、私、弾けない癖に全部弾いてしまうんです、、、
レッスンで話していたのですが、なぜ?バイオリンは端折って弾けないのか?(私の場合)
例えば、カラオケとかで歌は、失敗したり、適当に歌ってるので、端折って歌いますよね。
歌は出来るんです。
歌詞間違えたり、そもそも歌詞を覚えていなくて適当に歌ってるのもありますし、
しっかり画面見て歌えばいい話ですけどね、見てるようで見てないと言うか…何でしょう?
カラオケの話はいいとして、なぜ、バイオリンは端折れないのか?
やっぱり、曲を曖昧に聞いて覚えてるつもりなだけなのか?
楽譜に噛り付いていて、楽譜ばかりになっているのがいけないのか?
少し検証すべきかもですね?

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

Quartet57

10月のカルテットです。
が、悲惨な私…。
指が痛いのは、もう2ヶ月以上であまりにも痛いし、治らないし、腫れも酷くなった感があり…。これはやばいのでは?と思って、病院に行ったのですが…。
結局、骨には異常なしとのことで、1ヶ月くらい様子見ましょうと、湿布を出されて終わり…。
既に2ヶ月も経過しているのにね…。
最近はテーピングをグルグルに巻いても、バイオリン弾くとかなり痛いです。
激痛に耐えながらです。

そんなさなか…。
アホな私は、椅子に座って、右足をお尻の下に踏んづけた状態で、数時間。
そのまま仕事して、立とうとしたら、イタタタタ。
屈伸したりして、そのうち治るだろうと思ったら…。
その2、3時間後、、、には、激痛で歩けなくなりました。

お布団さえも重くて痛くて、寝返りも打てないし、そもそも足が鉛のようで、手で動かさなければ動かない。痛い。足先を左右に振ることも無理。足も上がらないし、痛い。

それがカルテットの前日夜の出来事。
でも穴も開けれないし、どうしようかと思ったけど、母にテーピングを買ってきてもらって、
とにかく、足もグルグル巻きにして、足を引きずりながら、
これで車の運転していいのか?疑問というか出来るのかって感じでしたけど、
ほぼ、腕で膝を押して反対の左足でブレーキ。よく辿り着いたって感じで、辿り着いた頃には、もっと激痛。(笑)

こんな悲惨状態でのレッスンです。

cherry死と乙女(シューベルト)

先生も多分気を使ってくださったんだと思います。
2nd、チェロの方への振りが多めで、助かりました。
指は痛いし、足は痛いし、多分運転したので、痺れてかなり悲惨でしたからね。

Img_0003

こんな感じのリズムが結構あるんですけど、音符の長さをきちんと把握して弾きましょう。
長くなったり短くなったり。付点がついていたり、16分音符だったりします。

前半はだいぶ良くなったとのこと。

後半は…私個人としてもまだ弾けないので…迷惑かけっぱなしですね。
しっかり音を出してと言われますが、ただ単に弾けないので、しっかりも何もなかったりします。エヘっ。

あとは、入り遅れたりした箇所。
どの音を聞いて入るのかの確認。
こーゆうの、一人練習ではわからないので助かりますね。

そんな感じで、今日のレッスン終わりです。
そして、またも激痛の中、車の、機能を使ってなんとか辿り着きました。

右足を故障したらどこにも行けないってことですね…。
その後、多分無理やりレッスンに行ったので、余計?痛くなって、ホント、大変な目に…。

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

Quartet56

9月のカルテットです。
全員揃ってのカルテット。

cherry死と乙女(シューベルト)

最初の重音、先月もご指導ありましたけど!(忘れてた)
短い!バラバラにならないこと。みんな一緒!

私のリズムが結構、好き勝手に早かったり遅かったり自由らしい。
そんなつもりはないけど、数えているつもり…ですが、そのカウントが遅かったり早かったりしてるのかも?

スタッカートの弾き方が悪いらしい。

ただ、前半はだいぶマシにはなっているらしい。が、まだ全然私個人が弾けない状態で…大変です。

| | コメント (0)

2017年8月23日 (水)

Quartet55

8月のカルテットです。
今回は、バイオリン族のみ。

cherry死と乙女(シューベルト)

色々弾けないところとか、
誤魔化していたところとか、、、、色々あったんですけど、
人数が減るとバレる!!!怒られる!!(笑)

スタッカートで弓が離れないから変な音がする。
怖がらずに、しっかり離す!そうしたら雑音がなくなるはず!
あと、スタッカートは、なるべく弓元で。
バウンドさせるとバウンドの音がするから、バウンドはさせない事。

とまあ、スタッカートって難しいのね。

私のポジションの問題。
早いところで、上ったり降りたりしなくてもいいようなポジションにする事。
変なところで、ポジション移動しない!!

早いところで、弓を使い過ぎ!
弾けないならとにかく、音を飛ばしてもいいから、リズムだけ追って、弾ける箇所のみ弾く。
全部弾こうとしない。弾けないのにリズムを崩して弾かない。

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

Quartet54

7月のカルテットです。


cherry死と乙女(シューベルト)

後半に進むのか?進まないのか?なんてレッスン前からみんなでヒヤヒヤ。(笑)
進まないで、前半のレッスンでした。

が、その前半さえも、全く…。

Img_0002
この最初のところ。付点二分音符が短い。
弓元からしっかり弓先まで使って伸ばすこと。
で、次の音にすぐ入る。ここで間をとらない。

Img_00021

クレッシェンド!!!フォルテッシモでマックスに。
途中で小さくなったりしない!
盛り上げる!

Img_00022
ここのリズムがおかしい。(知っていたけど、弾けなくて誤魔化してたのね。誰か弾いてるしとか思ったけど、あらま)
弓使いすぎ。
ダウンが2音に対してアップが1音だから、アップを2倍使ってあげないと、同じところで弓が使えないので、頑張ってアップを戻す。とはいえ、弓の量は最小限。

最後の方は、早いパッセージに一人でも弾けていないので、全くついていけずで終わりました…とほほ。

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

Quartet53

6月のカルテットです。


cherry死と乙女(シューベルト)

何て難しい曲を誰が選んだんでしょうね?
と、そんな文句を言いながらのレッスンですよ。

Img_0003

ここ。フォルテッシモなのに音が小さい!
しかも重音で、音符読むのが苦手でえっとーってなりながら弾いては音が小さいみたいです。
もっとしっかり。

Img_00031

ダウンボウで、またダウンボウの時。
戻すのが遅すぎるとのこと。
四分音符で、目一杯弓を使うこと。

Img_0002
一番盛り上がるところで弓を持ち上げると音が途切れるので、
弓は持ち上げないで、そのまま返して弾くこと。

Img_00021

ピアニッシモのスタッカート。
四分音符なので、短くしないこと。
アクセントっぽくなってしまうので、引っ掛けたりはしない。
弦楽器なので、響きを殺さないで。
ピアノで弾く時のスタッカートは、もっと弾く感じで習いましたけど、弦楽器は、弾く感じとも違うようでした。

その他、弾けてないから余計に合わないとか、だいぶ間違ったカウントしていたりと、色々あります。全然弾けるようになりませんが…大丈夫なのかしら…。
難しすぎて、ヒーヒーしてます。

と言う訳で、また来月です。

続きを読む "Quartet53"

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

Quartet52

5月のカルテットです。
更新が遅くなりました(汗)

cherry死と乙女(シューベルト)

掛け合いの場所は、きちんと相手が弾く箇所、自分が弾く箇所、しっかり覚えて、そうしたら、間違ってることもわかるし、自分の弾く場所もわかる。

とにかく、私が弾けなさ過ぎて…合わせるどころではなかったです…。

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

Quartet51

4月のカルテットです。
まだ始まったばかりのこの曲ですが…既に、難しい!!連発してます。
多分、というか絶対、丸々全部を弾くことは難しいので、途中を端折るか…断念して別の曲にするか…とりあえずは今日はこの曲のレッスン受けます!

cherry死と乙女(シューベルト)

フェルマータの後とか、休符の後とかみんなで一斉に入るような箇所は、しっかり1stが合図をすること。

音程がよろしくない。
弓のスピートが一定じゃない。
音が出た後に大きくなるのはダメ。
ラストの音で上がるより途中の「レ」で先に上がって音程をしっかり。

全員が綺麗に揃うように。

Img_0002
スタッカートをはっきり。
弓を使いすぎるとぼやける。
はっきり、鋭目に。

Img_00021

弾き方が、赤線のように、3連譜+四分音符で1くくりに弾いてるけど、ダメで、
ピアニッシモの所から始まるので、区切って弾くこと。
但し、ここに間が空かないように。区切るとどーしても間が空いてしまう…

Img_00022

どーしても、ここのリズムがわからず…。
弾いて覚えるしかなさげ。
どうも遅い感じでした。

Img_00023

あとは…ボーイングを揃えたり…な感じですかね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧