Mac・iPhone

2020年9月27日 (日)

macをCatalinaにした

私のiMacは、2017の5Kです。
色々ソフトが追いついてなくて、OSを上げるのを躊躇っていましたが、
そろそろ限界が来まして、思い腰を上げ、Catalinaを入れることにしました。


ちなみに、2012のmacbook proは見捨てられ、Catalinaは入れられません。
が、無理やり入れてみました。入りましたが、ファンがゴーゴー言っていて、結構ヤバイ。笑
こっちは買い換えないと無理っぽい。ちょっと保留。

そして、iMac。
問題なく、アップ出来た。

結構前から、少しずつ対策。

1.toast(DVD, Blu-ray作成)

2.Parallels Desktop(仮装化ソフト)

3.1Password(パスワードソフト)

4.AdobeCS


toastは、toast 18  proを2020年4月くらいに導入。
なのに、最近19が出たらしい、、、涙

Parallels Desktop は、16で、替えて良かった。めっちゃ快適になりました。
今まで妙に遅かったり重かったり、なぜか最近FAXが送れない現象が起きていたけど、乗り換えただけで使えるように戻りました。
ちょっとWindowsでoffceを印刷すると、何故か?横に線が入る様になったりで焦りまくったけど、プリンターのドライバーが良くなかったのか?何度か消してやり直していたら解決!その他とても快適!

1Passwordは、特に変わらないけど、1Password7に乗り換えないと使えなくなったので致し方なし。
特に変わった感じはない。

これで完璧と思ってCatalinaにしましたが、
まだやり残したことがありましたね。。。iComptaと言う家計簿アプリが起動せず。涙
結局、これも買うことに。と言うのも、他に乗り換えてもいいのですが、そもそも起動しないので、前のデータが取り出せないと言う事態に。
乗り換える以外に方法なし。苦笑

Skitchというキャプチャソフト。これ、昔のバージョンと現行バージョンと両方を使っていたのですが、昔のバージョンは起動しませんでしたね。
っま、これは仕方ないですね。

いつの間にか、itunesというソフトがミュージックというアプリに変わってましたね。
特に問題なしでした。

取り敢えず、結構時間かかりましたが、Catalinaにして快適になりました。起動とかも早くなった気がします。
EXCELの動きがめっちゃ遅かったのがかなり快適になりました!


| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

MacでWindowsを動かす仮装化ソフトをParallels Desktopに乗り換え!

長年、私のMacには仮想化ソフトは、VMware Fushionを使ってきました。
特に理由はないのですが、だいたい皆さん、Parallels Desktop若しくは、VMware Fushionの二択で、なんとなくへそ曲がりの私はVMware Fushionを選択していたと言う感じですね。

一度買ってしまうと、そのままバージョンアップみたいな感じで買ったり、
いちいち違うソフトに移行するのが面倒で、そのまま使い続けてました。

ただ、VMware Fushionは、パッケージ版の市販が無くなってしまい、Act2でも取扱いが無くなり、、、
いよいよ、VMware OnlineStoreのみの扱いに。

そんな訳で放置しまくってましてね。

なんとか、MacもHigh Sierra止まりにしてあり、なんとか問題なく使えてはいました。

VMware Fushion8.5という古い古いやつですね。

しかーし、そろそろ、他の準備も整ったので、私のMacのバージョンを上げたいなと思い、上げるにはVMware Fushion8.5ではダメなので、購入しなくてはなりません。

最近のVMware Fushionは、あまりアップデートがないのか?
パッケージ版が無くなったからなのか?あまり情報がないのです。

Parallelsのホームページに、比較表が載っています。あくまでも、ParallelsのHPですが。

どちらがいいか、結局のところ使ってみなくてはわからないし、どっちでもあまり変わらないのでは?とも思ったりで、
パッケージ版のあるParallels Desktopに乗り換えることにしました。

Parallels Desktopには、乗り換え版なるものも存在します。若干お安い。

私はParallels Desktop15の乗り換え版を購入しました。(この時まだParallels Desktopは16は発売されてませんでした)

購入して、インストールしました。その翌日!!なんと!!Parallels Desktop16が発売された様子!!!!!

マジーーー!!と思いましたが、メールが来て、
技術保証期間中にParallels Desktop 15 for Macのライセンスを購入したため、追加料金なしでParallels Desktopの最新バージョンにアップグレードできます。 」と書いてありました。英語だったので、ネットで翻訳してみました。

そのメールに、Parallels Desktop16 に乗り換えるアクティベーションキーが記入されて送られてきました。

はーーー助かりました。技術保証期間ってどのぐらいなんでしょうね???


さて、乗り換えインストールしてみます。

Parallels Desktop 15 for Mac のページ からダウンロードします。 (無料アップグレードをダウンロード)

そのままインストールして、windowsのインストール画面になりますが、乗換のため、スキップ。
Photo_20200820135101

スキップすると、こんな感じの画面になるので、一番下(左下)の開くのボタンを押します。

1_20200820135201

ファイルを選びます。ファインダーから、VMware Fushionの保存されている場所を選択しますが、
だいたい変えていなければ、書類の中に仮想マシンのフォルダがあるはず。
私は、2個もある。。。



Photo_20200820135901

そして、あとは、インストールするだけ!!
Parallels-desktop

のはずが、サスペンドされてるから、シャットダウンしてからと出てくる。
シャットダウンちゃんとしてるのに。
何度シャットダウンしてもmacの再起動しても、やっぱり同じく出てくる。

諦めて、コントロールセンターがMacのDOC(下のバー)にアイコンがあるので、それをクリックすると
おそらく、VMware Fushion に色々入れてあったものが出ている。
なぜかwindows10が2個もある。
これが原因かもね。
1個は、サスペンドされていると出てくるけど、もう1個で出来た!
Photo_20200820140201
これでできそう。
2_20200820140501

コントロールセンターは、こんな感じに。
上のWindows10とmac os 10.10を入れてみました。
その他は、まだVMware Fushion に入っているので、下にサードパーティ製VMと書かれてますね。
Photo_20200820141401

windowsを起動してみると、デスクトップ上にあるアイコンが巨大だし、なぜか?画面に合わない。デカい。
そこでToolboxを入れてみたら、直りました!けど、Macとwindowsのデスクトップが同じになったな。

私の持っていたVMware Fushion は、最初からインストールは特に問題ないのですが、いろいろ設定をどうするかを聞いてきていて、
使う前は、何が何だか分からなくて迷ったり、どうしたらいいのかな?と思うことがたくさんありましたが、
Parallels Desktopは、自分で何かを決めたりはなさげで、すんなりインストール出来て楽ですね。
あとで、自分が好きなように設定を変更すれば良さげです。




icon icon

Parallels Desktop16(ビックカメラ)

icon

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

ノートパソコン&タブレット用にパソコンスタンド購入

パソコンスタンド欲しいなぁと思いつつ、購入しておらず。
頑丈なの見つけました!

どうやら有名らしい。BoYataというメーカーのパソコンスタンド
Boyataなんて知らないぞ!っと思いましたけど。笑

Img_8627

口コミも良い。とにかく硬い!頑丈。

セッティングする時は結構力入ります。
でも、このくらい硬いものが良かった。

ipad はお絵描きをするので、ちょっとだけ傾斜を付けたいのです。
そして気付くと力が入るので、沈んでしまうんですよね。これは本気で沈まないので安定感バツグンです。

Img_8631

Img_8632
パソコンのキーボードも安定して打てます。
よしよし。っま、これ、別のキーボードを下において使う方が楽かもだけど。

姿勢悪くして作業すると、ほんとひどい肩こりになるので、少しでも改善できたらと思います。
今のところの使用感は良いです!もっとちっちゃいと使わない時に邪魔にならないけれど、安定感は悪くなるので、仕方ないかなー。

頑丈だけじゃなくて、作りも綺麗でした。ダークグレーとシルバーで悩みましたが、私はダークグレー。
シルバーの方がmacにはあったかもですね。笑


| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

PDの急速充電器を買い足しましたRAVPower 61W USB-C 急速充電器

iPad Pro 2018版 11インチを所持しておりますが、
あまり出かけるのに持ち出していないのですが、

使いたい時に、充電が切れてたり、極僅かだったりします。。。

しかも、iPad proは、妙に充電時間が長いです。携帯のようにはいきません。
最近、mac book proがヤバくて、ご臨終手前。

なので、ipad proでやることも増えたりしますね。

そこで、少しでも充電時間が短くしたい!と、思うわけです。


USBのHUBや、充電器やらAnkerの製品を好んで使ってきました。

しかーし、ちょっと前に、RAVPowerのキャノン LP-E6 LP-E6N 互換バッテリー 2個 + 充電器 セットを購入してみたら、これが良かった!
純正品と何も変わらないのに安いし、充電器も薄いし、使いやすい。
商品の保証期間も長いし、RAVPOWERがかなり良い判定です。

ネットでサーチしても、とても良い!
RAVPOWERいいよ!とかなり高感度アップです。



そんな中、ROVPOWERの急速充電器(PD 90W USB-C)を発見!


iPad Proに同梱されている電源アダプターは、なんとたったの18Wです。そりゃ、充電が遅いわけです。

ROVPOWERの急速充電器(PD 90W USB-C) は、USB-Cのケーブルが付属でついています。
そして、このケーブルもしくはE-Marker内蔵のケーブルを使用すると、単ポート最大出力は90W!!!

2ポート同時使用でも、ノートPCとスマホORタブレットでノートPCが60W、スマホORタブレットが30W。
ノートPCを2台だと、両方45W。
ノートPCとipad(2017,2018,2019)だとノートPCが45Wで、ipadが30W。

上記のようになるそうです。

私のiPadは30Wが上限のようなので、ROVPOWERの急速充電器(PD 90W USB-C) なら、最大最速の充電が可能という事になります。


ということで、速攻買いました。

Img_8613

あれっ!!なんか箱が壊れてるじゃんか!!!!と、ちょっとえ~~~って思いましたけど、これ、封筒に入れられて送られてきたので、
まあ、なるよね。開けてみたところ、なんにも傷もついていないし、箱は捨てるので良し!

Img_8614
中身は、こんな感じで、表面はつややかだし、きれい。デザインも良いし、外の質感も良い。
ケーブルは柔らかい。ただ、ちょっと色んなものに挿す時、硬いかな。まあしっかり挿せていいのかも?

Img_8615
コンセントは折り畳めるタイプで、じゃまにならないので良い!

使ってみた感じ、ipadの充電がものすごく早くなった!感動!
あと、最近、Switchをやりまくっているので、これも充電できて便利。

旅行用なら、1個口(RAVPower 61W USB-C 急速充電器)とか買ってもいいかもなと思ったけど、家だと私が買った2個口のROVPOWERの急速充電器(PD 90W USB-C)のほうがやっぱり便利かな。

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

iphone8を急速充電したい!

私の携帯は、iphone8です。

なので普通にUSBでiphone標準の以下のLightningケーブルで充電してます。純正じゃないものも沢山持ってます。

でも、最近、気になるのは、電話を使う事が多くなり、気付くと30%切っているなんてことが多いのです。

そこで、iphone8は急速充電に対応しているので、出来るか?とりあえず、USB-C - Lightningケーブルを購入して試してみることにしました。
購入したのは、MFi認証取得していて、価格帯としては安い方である、『ESR』のUSB-C - Lightningケーブルを買ってみました。

Img_8601
箱は至ってシンプル。

Img_8602
長いケーブルもいいのですが、邪魔になるので、今回は短いやつを買ってみました。
良かったら、長いのも買うかも?

USB-Cで充電できる充電器は、iPad proの純正の充電器と、
Anker PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ(60W)
という充電器を持っていて、通常、Ankerの充電器を使ってます。


これね、机の下に両面テープで貼り付けてあります。(笑)

Img_8619

一番左側がUSB-Cです。ここに、『ESR』のUSB-C - Lightningケーブル を刺してみました。

これで、急速充電されるらしい。
このケーブルは、純正品よりも、太めで硬いです。しっかりしている印象です。
コネクターとケーブルの接続部分がよく断線しそうになりますが、これは結構作りも頑丈で良さげ。

さあ!充電。
体感ですが、30%くらいから充電してみると、ちょっと見ているだけでグングン%が上がっていき、かなりのスピードで充電されている様子。

しかーし、体感よりもどのくらい実際に早いのか数値化したいと思い、
電圧チェッカーなるものを、注文してみました。

Img_8596

こんなやつね。さあ!と思って、接続して、一瞬表示しましたが、次の瞬間に消えてしまい、うんともすんとも。。。
結局、返品して終わりましたとさ。


という訳で、電圧チェッカーで測れずで、数値ではわかりませんでしたが、
1%から、50%までにほんの少しの時間で大丈夫。かなりの復活度なので、これは良かったと思います。


| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

新しいOSが対象外になったMac

私のMac Book Proは、2011年earlyなので、

最終オペレーションシステムは、macOS High Sierra 10.13.6のよう。

ちなみに、私は、sierraを使い続けていて、iMacさえも、sierraまで。
そもそもは、昔のAdobeソフトが使えなくなるから、放置していたんだけど、今は、乗り換えているからいいといえばいいけど、

そろそろ、アップデートに踏み切ることにしたのですが、、、
調べてみると、Mac Book Proは、まさかの、macOS High Sierra 10.13.6までしか入らない。

ネットで調べると、見捨てられた古いmacに新しいOSを入れる方法がゴロゴロ。
パッチをダウンロードしてから、
USBメモリにOSのインストーラーを作ってやるやり方。

いっちょやってみるか。
最近は、このMac Book Proは、たまにしか外に持ち出さないし、特に何もファイルなどは入れていないので、
壊れても問題はない。実験用としては最適。

Catalina を一気に入れてしまおう作戦。これでアプリが動作するかをテストして、いつも使用しているimacをアップデートするかを検討することにした。


古い2011年の私のmacもなんと!Catalina をインストール成功!


Mac_20200414171101


もともと、何年か前に、SSDに入れ替えていて、爆速で起動していたけれど、若干遅くなったかな?くらいで、
問題なさげ。

ですが、ソフトは、バツだらけ。使用できないらしい。笑


問題があったのは、

1、toast titanium(DVD, Blu-ray作成)

2、VM Fusion(仮装化ソフト)

3、1Password(パスワードソフト)

4、AdobeCS

5、office2011


まずは、4、AdobeCSについては、案の定で、CCを入れているので仕方ないかな。
5、office2011も事情があって入れていただけなので、まあ良し。現状は、office 365にしているので問題なし。

問題あるのは、1〜3。

1、toast titaniumは、仕方ないので、toast 18 titaniumアップグレード版を購入。
購入したら、OKと思いきや、、、、
私が持っているToast 14 Titanium With BD Plugin は、ブルーレイに書き込みができる。

で、アップグレードでtoast 18 titaniumを購入したところ、ブルーレイに書き込みをするなら、プラグインを買えと出てくる、、、
プラグインを購入するくらいなら、toast 18 proを買ったほうが安い、、、、。

えーーーー!なんでやねん!
問い合わせてみると、With BD Plugin と書いてある商品は、そのToastにしかプラグインがついていないもので、
別途プラグインを購入する必要があるとのこと。どうも前からプラグインを買っていれば、使えるらしいが、オマケみたいについている、With BD Plugin は、おまけに過ぎないってことね。笑

それで、キャンセルして買い直したいとお願いすると、即OKでした。
オフィシャルのオンラインショップより購入している場合で30日以内なら、とのこと。

もちろんその通り!で、即、返金に対応してくれ、自分でtoast 18 proを買い直せば良いらしい。
そして、これでOKでした。なぜか、アイコンはtoast 18 titaniumのままで、立ち上げると、Proと出てくる。
入れ直しても同じなので、これでいいのかも。
とりあえず、使えるようになったのでマル。


2、VM Fusion(仮装化ソフト)は、私はVM Fusion8で、VM Fusion11.5を購入しないとダメっぽい、、、、
アップグレードでOKの様子。これは、、検討中。VM Fusionのまま使い続けるか、Parallelsに乗り換えるか、、、。

いずれにしろ、またお金かかるじゃん。。。


3、1Password、、Safariでは、使えなくなった。アドオンが、ソフトに組み込まれているらしく、新しい1Password7を買わないとダメっぽい。1Password7は、どうやら、サブスクリクションとスタンドアロン(買い切り)があるらしく、またも購入しなくてはならないらしい、、、。ということで、これもとりあえず、検討。ただ使えなくなるのはやばいので、どっちを買うか、スムーズにアップデートできるのか、ちゃんと見てから買わなければ、、です。何れにせよ、パソコンが進化すればいろいろお金がかかるわね。。。

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

HDDケースをUSB3.1へ

HDDケースをUSB3.0 からUSB3.1にしてみました。

Blackmagic

ふむ。100ちょい出るかなぐらいだったので、少し早くなりましたよ。

Img_7586

AKiTiOのUSB3.1のケースです。
USB-Cで接続できます。

Img_7588
HDDを接続して、裏に4個ネジどめ。

Img_7590
ケースに入れて、ネジ止め4個。
ネジのところに、ゴム足を貼って終了。
簡単。ただ、入れ替えるのも簡単だけど、シールを剥がさないとネジが取れないね。笑

Img_7591

こんな感じで、終わり。

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

Thunderbolt3の長いケーブル

G-DRIVE with Thunderbolt3 に同梱してたThunderbolt3の白いケーブルは、柔らかくてしなりも良くて、とてもいいものですが、
90cmくらいかしらね?

机の下、足元にG-DRIVE with Thunderbolt3 の外付けHDDを移動しようかと思い、

Appleの純正だと0.8mしかないので、Appleに認定されているBelkinのケーブル「belkin Thunderbolt3ケーブル 高速 40Gbps 5A 5K/ウルトラHD対応 2m」を購入しました。

Thunderbolt3のケーブルは、長いと速度が20Gbpsになるらしく、せっかくのThunderbolt3の40Gbpsを味わえないんだとか。

ただ、このbelkin Thunderbolt3ケーブル は、 40Gbps接続できるとのこと。appleの人にも聞いてみたけど、OKらしい。
それで、Amazonで買うなよって話ですけれど。笑

Img_7548

本当に長い!2mのThunderbolt3ケーブルです。
1.5mもあれば十分ですけど。まあ、0.8mか2mしか見つけられなかったので、仕方なし。

これで、G-DRIVE with Thunderbolt3 をつなぎ、G-DRIVE with Thunderbolt3 についていた0.9mくらいのケーブルをG-Technology(HGST) G-DRIVE mobile SSD 1TB に繋ぐことにして、ぶら下がることもなく、これでいい感じになりました!!

| | コメント (0)

外付けHDDの振動問題

「外付けHDD買いました」の記事で書きましたが、

G-DRIVE with Thunderbolt3 を購入し、とりあえず、Macの下側に隙間があるので、ここに入れておりますが、

しょぼい机のためか?
揺れてます。。。。

気持ち悪いので、

他のHDDは足元置きですが、全部、振動が嫌なので、地震対策用の耐震マットなるものを敷いています。
ちなみに、Amazonでも

プロセブン 耐震マット など、売ってます。プロセブンは結構有名と思います。耐震性能がいいらしい。

ただ、私は、特に耐震用ではないので、セブンと書かれているけど、セイワプロというところが作っているらしい、100均のものを買ってきました。普段だと、面倒だから全てネットで安いものを買いますけど、たまたま、イオンに行くことがあり、その中の100均で。
安い!2個も買ったけど、本当は1個しか必要ない。笑
ここが、100均の怖いところですよねぇ。100円だからと必要もないのに、後でまた買いに来るのが面倒だしと、個数を増やしてしまいます。
Img_7546

こんな感じ。
Img_7584
あ、見えなかったけど、床の上に、板が2枚。この上に、耐震マットを乗せ、その上にHDD。
「G」のランプは眩しいから、マスキングテープが貼ってあったり。笑
なんかよく見ると、騎馬戦みたいな体勢ね。

これで、振動はありません。

HDDの動作音は、カリカリしますけど。これは仕方ない。

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

外付けSSDもゲットしてしまいました

先日、外付けHDDをTime Machine用に導入しまして、
Thunderbolt3で快適に!

私のimac は、Fusion Driveです。
なので、速度を測定しても安定しません。readが2000超える事もあるし、writeは、250〜350くらいはだいたい出ている様子で、早いと500超えてる事もあるみたいです。

mac book proは、もともとHDDだったものを、かなり前に、自分でSSDにしたので、めっちゃ早い!
起動も一瞬だし、動画編集も早い。ただ昔買ったし、お値段もまあまあした頃なので、容量が少ない。。。
これはこれで不便なのよね。外付けHDDをつないでいないとね。

imacにもmac book proにもつけられる、外付けSSDを買ってみました。

G-Technology(HGST) G-DRIVE mobile SSD 1TBにしてみました。

Img_7540

かっこいい!しかも、めっちゃちっちゃい!!!

速度を測ってみたら!こりゃ早い!!
まずは、Thunderbolt3で接続。
Blackmagic_design_disk_speed_test

usb3.1で接続。Thunderbolt3にやや劣るも、十分早い。
Blackmagic_design_disk_speed_test-5

ただ、同梱してくる、ケーブルがコネクタ入れても14cmくらいかな?
imacの後ろのThunderbolt3及びUSBに接続すると、ぶら下がる感じ。
先日購入した、G-DRIVE with Thunderbolt3 外付けハードドライブ の後ろからデイジーチェーンで繋げるので試してみたところ、速度もよし、いい感じではあるけれど、やっぱり、HDDの上に置くのは、どうなのか?めっちゃ熱い、、、。

という事で、そのうち、Thunderbolt3の長いケーブルを買おっかな!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧